税金の支払いについて把握しよう

対応しなければならない税金として挙げられるのが印紙税です。一般的に家を売る時には売買契約を締結するのが一般的です。この売買契約には印紙が必要になります。印紙税は契約金額によって変動します。例えば、一万円未満で売却されるケースでは非課税ですが、不動産においては一万円未満で売買契約が締結されるケースは少ないです。一万円を超える売買契約では千円未満、数億円を超える売買契約の場合は10万円以上の印紙税が必要になるケースもあります。

税務署その他のかかる税金として挙げられるのが、譲渡所得税です。
譲渡所得税の支払いは全ての人が必要というケースはありませんが、かかる人もいます。
譲渡所得税は売却金額から取得費と諸費用を差し引いて算出できる所得のことで、場合によっては譲渡所得税を支払わなければならない人もいます

その他に対応しなければならない税金として挙げられるのが住民税です。
住民税も譲渡所得税と同様に譲渡所得で利益を得る人が支払う税金になります。そのため、全ての人が払う必要性はありませんが、住民税も家を売った後に発生する税金の一つです。

このように家を売ることで発生する税金は複数挙げることができます。事前に把握しておけば予期せぬ税金の支払い対応をしなくてもいいため売ることを検討している人は参考にしましょう。


参考サイト<https://ieurulab.com/
└賢く家を売る方法についてまとめている「高く家を売る研究」です。